2011年大晦日に走った帰省RUNの写真をUPした

635ビュー

RUN

走り慣れているランナーなら、自分なりの距離感をもっている。10kmを走ったらどれくらい時間がかかるかとか、どれくらい疲れるかなどを思い描くことは難しくない。

普段走らないような長距離を走った場合はどうか。ある距離を超えた時点で、使い慣れたモノサシは役に立たなくなってしまう。

そこから先は、走ったことのない道が続いている。いつの間にこんなことにと訝っても、後戻りできないのは明白だ。

一歩一歩を踏み出す足の重みがまるで違う。これまでは、これ以上あがらないところまで心拍を追い込んだとしても、その後どうなるのかがわかっていたので不安はなかった。疲労の程度は馴染みの範囲であり、私を痛め付けようとする敵でないこともわかっていた。

しかしいまは違う。身体的な苦痛があるが、その向こうに何があるのかがわからない。どのくらい余力を残せばいいかも見当が付かない。という以前に、自分に残された余力も、まるでわからない。

長距離ランナーは、最終的にはこの道を走らなければならない。

それは長距離ランナーに与えられた特権だ。苦しいけれど、肩を落とすことなく、胸をはって進む道だと思うのだ。

2011年12月31日・大晦日帰省RUN詳細

かいた汗が寒風にさらされて塩まみれに

 

実家の洗面所にて

鏡に映った自分を見て驚く。

かいた汗が大晦日の寒風にさらされて塩をふいている。しかもドクロの凶相とも見えなくもなく、スカルをまとったアウトローのなれの果てか。

この後に入った風呂は最高でした。

 

 

635ビュー

run_jp

Posted by movinow