茄子とトマトのクミン炒め
茄子とトマトのクミン炒め

茄子とトマトのクミン炒め、小さな招かざる客

昨日は残業で、いつもより帰宅時間が遅くなってしまいました。20時過ぎに退社して通勤ランで1時間弱、シャワーを浴びて洗濯機を回したらもう22時半くらい。

とりあえず圧力鍋に玄米と水を入れて火にかければ、加圧20分と自然冷却だけなので放置OK。

さて、おかずは…と考えて、冷蔵庫にある野菜を使って炒め物を作ることにました。帰りが遅くなった日の夕食は、主食がお米ならまず炒め物になりますね。

今日は冷蔵庫を開けてみると、茄子とミニトマトとししとうと玉ねぎがありました。これだけあれば満足できる一品が作れるでしょう。味付けはクミンシードを使ってみることにします。クミンのシード(種)ははじめて使う香辛料です。

茄子、ししとう、ミニトマト、玉ねぎ、クミンシード、唐辛子、豆のサラダ材料を切る

材料

【クミン炒め】茄子、ししとう、ミニトマト、玉ねぎ、クミンシード、唐辛子、すりおろしにんにく、塩、胡椒

【その他】豆のサラダ

オリーブオイルにクミンシードと唐辛子を入れて火をつける玉ねぎと茄子を加える

オリーブオイルにクミンシード小さじ1と唐辛子を入れて火をつけます。弱火で加熱していくとクミンシードがパチパチとはじけて香りがたってくるので玉ねぎとナス、すりおろしにんにくを加えます。

ミニトマトを加える塩と胡椒で味を調える

ミニトマトも入れて、茄子がやわらかくなったら最後にししとうを加えます。塩と胡椒で味を調えたら出来上がりです。

茄子とトマトのクミン炒め
茄子とトマトのクミン炒め

茄子とトマトのクミン炒め1

クミンシードはカレー粉ほど強い主張をするわけではなく、程よい香りがトマトの酸味、玉ねぎの甘みとよく合っています。油と塩が少なめなこともあり、茄子本来の味が楽しめる炒め物になりました。

今日の玄米ご飯

玄米には、ごぼう、亜麻仁、そして小豆を一緒に炊き込みました(炊き上がってから蒸し大豆も加えています)

この小豆は、キッチンの収納を整理していて発見された遺物で、3年前くらいにもち米で赤飯を炊いたときの残り物です。虫にも食われていないようなので使ってみました。味は、特に異常なし、かな。

キッチンの収納には他にもいつ手に入れたのかわからない乾物(海苔、高野豆腐、春雨、干し椎茸、米粉など)がちょこっとずつあったのですが、捨てるに忍びないし、機会を見て利用しようと思います。

ただ紙袋に入った強力粉だけは虫にやられていました。これもずいぶん前のもので、もしかしたらこの部屋に引っ越してくる前に買い求めたものかもしれません。袋に小さな穴がポツポツ開いているのでわかりました。

何年か前の夏に、茶色い小さな甲虫がたくさん部屋にわいたことがありました。ケインのキャットフードも食害されていたのですが、こんなところにも発生源があったのですね。もちろんこれはゴミ箱へ直行です。

今回、「茶色い小さな虫」で検索して、虫の正式名が判明しました。

『シバンムシ』

芥子粒のような小さい奴ですが、なかなかシブトイみたいです。

とりあえず今年は春先に2、3匹をケインの自動給餌器の受け皿に発見したので、中まできれいに掃除しておきました。それ以来、発見されていません。

部屋に来てほしくない小さな招かざる客としての筆頭は間違いなくあのゴッキーですが、幸いにもこの部屋ではまだ遭遇していません。もし外から侵入されても、まず間違いなくケインが反応するはずなので安心しています。

頼むよ、ケイン

頼むよケイン

 

だいじょぶじゃろか

 

Multiplex 広告

2,019ビュー

野菜gohan

Posted by movinow