694ビュー

麺類gohan

朝は、高く澄んだ青空の下を、流した汗が風に吹かれる心地よさを感じながら走った。

夜は、おぼろ月が照らす舗道を、涼しげな夜気を切り裂いて走った。

いくらでも走れる。 ...