銀だらのピリ辛煮

684ビュー

魚介

鱈の美味しい季節となりました。

いつもの鍋ではなく、他の調理法はないかなと探していたところ、こんなレシピを見つけました。

みんなのきょうの料理 栗原はるみさんの定番ごはん 「銀だらのピリ辛煮」

今日はこれを作ってみました。

材料

銀だら、春菊、塩蔵わかめ、ニンニク、生姜、長ねぎ、豆板醤、味噌、醤油、みりん、日本酒

銀だらはひと切れを半分に切り分け、ニンニク、生姜、長ねぎはみじん切りにします。

春菊は葉と茎を分け、茎はななめ切りにしておきます。

わかめは水に浸して戻し、一口大に切り分けます。

鍋に醤油大さじ2、みりん大さじ2、日本酒大さじ2、豆板醤小さじ2、味噌小さじ1、水大さじ1をあわせて火を付けます。

ニンニク、生姜、長ねぎを加えます。

香りが出てきたら銀だらを重ならないように加えて煮ていきます。

落とし蓋をして、途中で一度ひっくり返し、5分ほど煮たらできあがりです。

参考にしたレシピの半分くらいの量で作ったのですが、汁気がほとんどなくなってしまいました。

少なめのソースを加熱して仕上げる場合は、たとえ具材の量が少ないとしても、ソースの量は比例して減らせば良いというものではない、ということですね^^;

春菊とわかめを盛り合わせたところに、銀だらをのせ、ソースをかけたらできあがりです。

銀だらのピリ辛煮

いつもの鍋でいただく淡泊な鱈とはだいぶ違い、中華風の濃い味付けとなりました。

きっと鶏肉なんかで作っても美味しくできると思います。

春菊のサラダはちょっとクセがありますが、ピリ辛ソースが良く合います。

そして秀逸なのはわかめですね。

春菊とわかめを付け合わせるという意外な発想は真似できる気がしませんが、これがまた合うのです。春菊の強い香りと、生姜・ニンニクのピリ辛ソースを、わかめのやわらかな香りが取り持つというのでしょうか。春菊だけだったら途中で飽きるところをいい感じにとりなしてくれています。

先日作った豚汁も煮返されて、いい感じになってます。豚肉も根菜もトロトロで、初日よりも確実に美味しくなっています。

 

Summary
recipe image
Recipe Name
銀だらのピリ辛煮
Author Name
Published On
Preparation Time
Cook Time
Total Time

684ビュー

gohan

Posted by movinow