【BROMPTON】パンク修理に失敗してリアホイール交換になった話(涙)

1,567ビュー

Bicycle

 

ブロンプトン2019_3

3年前に故障して以来、乗ることができなかったブロンプトンを修理に出して、また乗れるようになりました。

ほぼ間違いなく、自分の不手際でブロンプトンを壊してしまった経緯を書いておきます。

日常の足としてのブロンプトン

折りたたみ自転車のメリットを生かして「輪行」ツーリングもいいですが、日常のちょっとした足としてもブロンプトンは優秀です。

小径車特有の漕ぎ出しの軽さで、一時停車と発進を繰り返す街中の走行も苦になりませんし、フロントバックを使えば結構な量の荷物を運べます。

普段はランで会社への行き帰りを走っていた私ですが、時にはブロンプトンを通勤で使うこともありました。

パンクしてもタクシーで帰ってこれる

会社への通勤で乗った帰り道で、後輪がパンクしてしまいました。その日はあいにくパンク修理キットは持参していませんでした。押して帰ると小一時間かかるような距離が残っています。

そこでタクシーを拾って帰りました。折りたためば、後ろのトランクに問題なく入ります。

ブロンプトンのパンク修理は特殊

ロードレーサーの車輪脱着はクイックレリーズでワンタッチですが、ブロンプトンは手間がかかります。特に後輪は内装ギアであるため難易度高めです。

ロードレーサーでパンク修理は何度も経験していたので、ネットの情報を参考にして後輪を外し、パンク修理を行いました。

ある日、ギアがすっぽ抜ける

パンク修理後は問題なく走っていたブロンプトンですが、ある日の朝、会社へ向かおうと漕ぎ出した最初の踏み下ろしで、なぜがギアがすっぽ抜けたのです。

ペダルがまわらなくなり、リアのディレイラーをつまんでみると、固定されているべきところが緩んで動くようになっています。

理由はわかりませんでしたが、チェーンが外れたわけでもないのにペダルが回らない状況だったので、すぐに諦め、ブロンプトンは部屋に戻しました。

リアハブが折れていた

会社から帰って、改めてブロンプトンの後輪部分を調べてみました。

ブロンプトン・リアハブ破損
ブロンプトン・リアハブ破損

軸ナットの中にボルトの一部が残っています。どうやらボルトが途中で折れてしまったようです。

この写真を撮った時の詳細は覚えていないのですが、改めて見返してみて気づいたことがあります。

後輪を固定しているナットがない!? ように見受けられます。もしかして、後輪を戻すときにつけ忘れたのでしょうか😱

今となっては真相はわかりませんが、乗車中の事故につながらなくてラッキーだったと言えるでしょう。

ブロンプトンを購入した店舗が閉店していた

これはプロにお任せして修理してもらう必要があります。

しかし、購入でお世話になった「サイクルハウスしぶや 二子玉川店」が 2015年の1月末に閉店してしまったようです😔

葛飾区にある「お花茶屋店」に持ち込みだなー、と考えているうちに、3年以上の月日が経ってしまいました😓

出張・ピックアップのサービスを利用した

ネットでブロンプトンの修理対応店舗を調べていたところ、自宅に取りに来てもらえるサービスを発見しました。

HPには「23区内であれば1回1,000円でピックアップにお伺いします」とあります。

これは楽ですね。いくらブロンプトンが小さく折りたためるとはいえ、日中の混雑する電車に持ち込むのは気が引けます。

ということでメールでやりとりをして、ブロンプトンを預けたのが10月中旬でした。故障箇所の修理と合わせて、全体のオーバーホールもお願いしました。

担当の方からのメールには

リアハブの折れた部分ですが、ハブ交換もしくはホイール交換が必要と分かりました。本来折れる想定はしていない箇所のため、丸ごとの交換になってしまいます。

とありましたので、ホイールごとの交換をお願いしました。メーカーも取り寄せで、納期は3ヶ月くらいかかるとのことでした。

出費は10万円超(オーバーホールを含む)

11月末にホイールが納品されたとの連絡があり、修理とオーバーホールをしたブロンプトンが届けられたのが12月中旬でした。

あらかじめ「部品代とオーバーホールを含めた合計金額は85,000円~90,000円」と伝えられていましたが、サイドのひび割れがあったタイヤも交換してもらったので、トータルでは10万円を超えてしまいました。

交換部品 リアホイール
タイヤ
チューブ
ブレーキおよび変速機ケーブル
ブレーキパッド
チェーン

自転車は乗ってナンボ

せっかくのブロンプトンを壊れたまま3年間も家に放置していたなんて、もったいないことをしました😓

当たり前ですが、自転車の楽しさは乗って走ってみないと一片たりとも享受できません。

メンテナンスは自己責任

自信がない作業は、お金を払ってプロにお任せした方が賢いことを勉強しました。

より大きな出費や、もっと大きなリスクを背負うことになるかもしれません。

すべては自己責任ですね。

楽しい自転車ライフを

ブロンプトン2019_2

そしてAnchor にも久しぶりに乗りましたが、やはり楽しい!😙

 

 

1,567ビュー

brompton

Posted by movinow