豚肩ロースの蕎麦ペペロンチーノ【教訓:食べる前に食べろ】

1,094ビュー

麺類

今日は帰りが遅く、眠さもMAXだった。

できるだけ簡単なメニューということで思い付いたのが日本蕎麦を使ったペペロンチーノだった。

材料

蕎麦、豚肩ロース、ニンニク、唐辛子、シシトウ、ナス、トマト、レタス

切り分けた豚肉には塩と胡椒をしておく。

オリーブオイルにニンニクと唐辛子、豚肉を炒める。豚肉に火が通ったら、ナスとシシトウも炒めて、軽く塩と胡椒。蕎麦の茹で汁を入れてソースができた。

作り方は普通のペペロンチーノと変わらない。

と思って作ったのだが、実はひとつだけパスタとは違うところがあった。それに気づいたのは、実食した後だった。

パスタは茹でる時にお湯に塩を入れるが、蕎麦ではしない。麺を茹でるお湯の塩分の差が、もろに出た感じとなった。

フライパンの中で麺をソースに和えた時点で、味見をすべきだったのだ。何度も作って、手順と味が固定しているパスタのつもりで作ったことで、思わぬ出来上がりとなってしまった。

めんつゆをかけようかと思ったのだが、良く味わってみると、蕎麦の味があり、具材には塩気があって、ニンニクと唐辛子のペペロンチーノ風味もきいて、これはこれで悪くないなと思った。

結局、そのまますべてを完食した。蕎麦の新しい側面を発見できたのはラッキーだった。

面倒で、味見はあまりしないのだが、それで何度かエライ目にあってきた。

調理過程の味見は、やはり重要なのだな。

1,094ビュー

gohan

Posted by movinow