味覇でつくる簡単本格チャーハン

中国四千年が誇る 美食の極み

味の王様 味覇

鶏骨、豚骨をベースに野菜エキスとスパイス等を配合した万能調味料

ひと口で中国料理といっても、新鮮な魚介類をふんだんに使った広東料理、麻婆豆腐に代表される酸味と辛みの強い四川料理、宮廷より発達した北京料理、他にも上海、湖南など非常にバラエティに富んでいます。しかし共通していることは、味の決め手はスープにあるということです。味覇(ウェイパァー)は風味、コクうまみと三拍子そろった万能スープの素です。

引用元:https://koukishoko.co.jp/weipa/

上記は、味覇の販売元である廣記商行様のHPからの引用です。

味覇(ウェイパー)は、私が自炊を始めた当初からお世話になっている調味料です。朱色の500g缶はなかなかの大きさですが、常に我が家の小さな冷蔵庫にありました。現行ではチューブタイプが販売されていて、より使いやすくなっています。

味覇を使えば、それだけで中華系の味付けは決まります。むしろ決まりすぎなくらいですね。

今回は、改めて味覇でチャーハンをつくります。ちょっとした食材で、お店で食べるようなチャーハンが簡単にできてしまいます。

材料
ご飯270g
長ねぎ40g
1個
チャーシュー30g
味覇8g
胡椒少々
サラダ油大さじ1
大盛1人分
使う食材の写真

チャーシューは市販の薄いものを使いました。長ねぎは青い部分を使いましたが、白い部分でも問題ありません。

食材の下ごしらえをした写真
長ねぎ
粗みじん切り
チャーシュー
1cmくらいの角切り
溶きほぐしておく
フラパンにサラダ油を熱して、卵とご飯を加えた写真

フライパンにサラダ油を熱して溶き卵とご飯を加え、木べらでご飯のかたまりをほぐしながら炒めていきます。

チャーシューと長ねぎを加えた写真

ご飯がパラパラにほぐれてきたら、チャーシューと長ねぎを加えます。

2分ほどかけて炒め合わせたら味覇を加え、胡椒を挽きます。

できあがりの写真

全体がよく混ざるように、さらに2分ほど炒め合わせたら火を止めます。

茶碗にチャーハンを入れた写真

茶碗にチャーハンを入れてお皿をかぶせ、ひっくり返してできあがりです。この工程、チャーハンを丸く盛り付けるかどうかはお好みですね。

味覇でつくる簡単本格チャーハン

ひとくち食べてみれば、誰もが納得するであろう本格チャーハンです。

味覇の万能調味料としての完成度を裏返せば、先に書きましたが、味が決まりすぎてしまうことがあります。まあ、これは欠点ではありませんが。これからも末永くお世話になります🥳

概要
recipe image
レシピ名
味覇でつくる簡単本格チャーハン
投稿者
投稿日
準備時間
調理時間
トータル時間

最近の投稿です

Thumbnail of new posts 026

: パスタ

イタリアンパセリのとうのパスタ再び

春を迎えて鉢植えのイタリアンパセリのとう(花芽)がドーンと伸びてきたので、摘み取 ...
Thumbnail of new posts 031

:

鶏もも肉のスパイス炒め

鶏もも肉をタクコ(カレーの基本スパイス=ターメリック、クミン、コリアンダー)とカ ...
Thumbnail of new posts 011

: 外出

散り際の桜

時期としては少し遅くなりましたが、お墓参りに行ってきました。 ちょうど桜の散り際 ...
Thumbnail of new posts 106

: パスタ

イタリアンパセリのとうのパスタ

去年の初夏に種まきした鉢植えのイタリアンパセリが、数日だけ目を離した隙に、一気に ...
Thumbnail of new posts 128

: 外出

2024 Spring has come

今年も咲き誇る土手沿いの桜です。この日、この季節としては、気温も人出もマックスで ...

このブログへのアクセスについて

  • 64今日の閲覧数:
  • 38今日の訪問者数:
  • 249昨日の閲覧数:
  • 190昨日の訪問者数:
  • 8493今月の閲覧数:
  • 1現在オンライン中の人数:

353ビュー

ご飯・丼gohan

Posted by movinow