トマトとパプリカの冷製パスタ

337ビュー

パスタ

窓の外には夏を先取りした日射しがあふれています。

そういう光景を目にすると、室内にいるのがもったいない気がして、どうしても走りに行きたくなります。

初夏のラン1

初夏のラン2

初夏のラン3

気温は高いですが、真夏のように湿度が高くはないので、風が吹けば汗が冷えてとても心地よいですね😎

こういう日には、サッパリとした冷製パスタなんかが、いいのではないでしょうか😘

材料

トマト、赤パプリカ、黄パプリカ、バジル、ビネガー、オリーブオイル、おろしニンニク、塩、胡椒、パスタ

トマト、パプリカ、バジルトマトは湯むき、パプリカは焦げ目がつくまでグリルで焼いて皮をむく

トマトは湯むきしてからくし切りにします。

パプリカも皮をむくのですが、茹でても上手くむけなかったので、グリルで焦げ目がつくまで焼いてからむきました。細切りにします。

バジルは粗みじんに刻んでおきます。

トマト、パプリカ、ビネガー、オリーブオイル、塩、胡椒をよく混ぜる

トマト、パプリカ、バジル、ビネガー大さじ1、すりおろしニンニク小さじ1、オリーブオイル大さじ3、塩、胡椒を加えてよく混ぜます。

ラップをして冷蔵庫に入れて、30分ほど冷やしておきます。

その間にパスタを茹でます。

冷製パスタには細い麺が良いようなのですが、無いのでいつものディチェコNo.11です。

袋にかかれている茹で時間9分のところ、いつもは7分で湯切りしてソースと合わせていますが、流水で冷やすと固くなるので、10分間茹でました。

パスタは長めに茹でて冷水で冷やします

流水でよく冷やします。

そして私が思うに、冷製パスタの一番のポイントは「パスタの水切りをしっかりすること」だと思います。

そこで最近導入した「新兵器」の出番です。

野菜水切り器

野菜水切り器です。

ギヤが内蔵されているようで、ある程度の重さのものを入れて思いっきり取っ手を回すと、押さえつけるのが難しいほど暴れます😅

パスタの水を切る

中にペーパータオルを広げてパスタを入れます。

30秒ほどグリグリ回せば完璧に水気が切れます。

パスタとソースを合わせるパスタとソースを合わせる1

ボールの中で冷やしたソースとよく混ぜたらできあがりです。

トマトとパプリカの冷製パスタ
トマトとパプリカの冷製パスタ

トマトとパプリカの冷製パスタ1

トマトとパプリカの冷製パスタ2

トマトもパプリカも、ひと手間かけて皮をむくと食感がまるで違いますね。

パプリカは甘く、トマトとビネガーの酸味と、バジルの香りが爽やかです。

青空と野原

野原を走るのは、やわらかい地面が脚にやさしいのはもちろん、舗装路に比べて照り返しが弱いので、風がより爽やかに感じますね🤗

 

Summary
recipe image
Recipe Name
トマトとパプリカの冷製パスタ
Author Name
Published On
Preparation Time
Cook Time
Total Time

337ビュー

gohan

Posted by movinow