【素晴らしき真夏日和】イカわたのピリ辛チャーハン、ゴーヤの浅漬け

1,027ビュー

RUN, ご飯・丼

今日は夏らしい一日だった。

午後からの西日をゴーヤのカーテンが遮ってくれるとしても、クーラーの無い部屋はパソコン等の排熱で、屋外の木陰の方が涼しいくらいになる。扇風機を回しっぱなしだが、基本、常に汗ばんでいる状態だ。

いつもは側で伸びているケインも、隣の部屋の片隅に移動し、トレーニング用ベンチの脚部に身を寄せてうずくまっている。金属でヒンヤリするのが気持ちよいのだろう。

こんな日は、走りに行くしかあるまい。

土手沿いの道を図書館まで、橋を渡る逆回りのコースで走った。

寒い季節、東京マラソンを目指してスピードトレーニングを繰り返した小道を走る。追い込んでスピード走をするのに比べたら、この炎天下走はまだ余裕がある。

エントリーは済ませた東京マラソン、今年も走れたらいいな。

 

図書館からの帰りにスーパーによって、スルメイカが安かったのでまた買ってきた。今日はチャーハンにしてみる。

ベランダのゴーヤを調べていると、1個だけ柔らかくなってきている実があったので食べることにした。

材料

スルメイカ、ゴーヤ、ニンニク、唐辛子、シシトウ、長ネギ、ニンニク酢、醤油、酒

イカのわたは袋から絞り出して、醤油大さじ1、酒大さじ1でのばしておく。

厚めに切ったゴーヤをビニール袋に入れ、薄口醤油大さじ1、ニンニク酢大さじ1、砂糖小さじ1/2 を入れてもむ。少しおいたら出来上がり。

冷たいサラダ油にニンニクと唐辛子を入れて、弱火で香りと辛みを引き出す。切ったイカとシシトウを入れて、軽く炒める。

イカのわたを入れて全体にからめたら、イカの胴体の部分を取り出す。イカに火が通り過ぎて固くならないようにするため。

炊きたてのご飯を入れて炒める。最後に長ネギのみじん切りを入れて、皿によそい、イカを上にのせたら出来上がり。

イカわたのコッテリとした濃厚さを唐辛子の辛みが引き締める。重い口当たりだが、最後まで飽きることなく口に運ぶことができる味だ。

イカは柔らかく甘かった。チャーハンの具材としては、ゲソとエンペラーだけで十分だった。

醤油と酢と砂糖を使ったゴーヤの浅漬けは、新しい定番となるかも。それほど、食べやすく美味しかった。今日は全部食べきったが、残して冷蔵庫で冷やしても美味しいと思う。

 

1,027ビュー

gohan

Posted by movinow