Font Awesome がうまく表示できない場合の対応(Font Awesome 5・疑似要素指定)

242ビュー

パソコン

ブログのテーマ更新にともなって、細かいカスタマイズを行っています。

アイコンフォントのFont Awesome 5 を使ったところ、一部のフォントが表示ができないという現象がありました。

ネット上の知見に助けられて、現在では表示できるようになりましたが、ググって古い情報(Font Awesome 4)を参照してしまうとハマる可能性があるので(私です😂)念のためにここにも対応を記しておきます。

現象

CSS の疑似要素で Font Awesome 5 を指定しても、一部のフォントで表示されない(表示されるフォントもある)

最初の設定
.read-more a:after {
	font-family: "FontAwesome";
	content: "\f2f6";
}

トーフ(□)しか表示されません😥

ググったところ、font-weight の指定が必要だそうです。
.read-more a:after {
	font-family: "FontAwesome";
	font-weight: 900;
	content: "\f2f6";
}

これでもトーフ(□)しか表示されません😭

もう少し調べたところ正解がありました、font-family の設定が間違っていたようです。

正解

.read-more a:after {
	font-family: "Font Awesome 5";
	font-weight: 900;
	content: "\f2f6";
}

表示されました!🤗

ググった情報はよく読んで、内容を理解した上で使用しましょう>私😅

以下のサイトが詳しいです。ありがとうございました。

文字のように扱えるアイコンフォント「Font Awesome 5」の導入と疑似要素で表現する時の注意点

242ビュー

PC

Posted by movinow