青唐辛子とシシトウのガパオライス、そして11年の月日が流れた

フレッシュな青唐辛子が手に入ったので、いつものガパオライスを作ります。

材料

青唐辛子、シシトウ、鶏もも肉、卵、バジル、唐辛子、ニンニク、オイスターソース、ナンプラー、砂糖、サラダ油

鶏もも肉1/2枚は小さめのぶつ切りに、シシトウは1/3に切りました。

バジルは洗って葉を摘み取ります。

ニンニクと青唐辛子はすりつぶします。

使ったのは、本来はゴマをあたる卓上すり鉢とすりこぎです。

しかし、本場ではスパイスを砕くような石製の乳鉢・乳棒を使うということで、今回はちょっと力不足でした。ミルサーを使うべきでした。

でも頑張ってすりつぶします。

まず目玉焼きを作ります。

多めのサラダ油を使い、お玉で上からかけるようにして揚げ焼きにします。

卵焼きを取り出した鍋の残った油を少し取り除き、すりつぶした青唐辛子とニンニク、そして普通の赤唐辛子を加えます。

香りが立ったら鶏肉を加えます。

鶏肉の色が変わったらシシトウを加え、1分ほど炒めます。

オイスターソース大さじ1、ナンプラー大さじ1、砂糖小さじ1を加えます。

調味料がなじんだら火を止め、バジルを加えます。全体を混ぜたらできあがりです。

お皿のライスにかけ、目玉焼きをのせます。

青唐辛子とシシトウのガパオライス

すりつぶした青唐辛子は適度な辛さで、オイスターソースとナンプラーの濃い味付けとともに食欲が刺激されます。

そこにあわせる卵の黄身が、またなんともいい感じです。


ところで、

今日はケインがうちに来てから11年目の日でありました。

早いものです。

色々ありましたが、多くのものを与えてくれました。

今年も猛暑を乗り越え、元気です。

これからも末永く、よろしくね。

 

Summary
Recipe Name
青唐辛子とシシトウのガパオライス
Author Name
Published On
Preparation Time
Cook Time
Total Time

関連コンテンツ

885ビュー

ご飯・丼, 猫あるいはケインgohan, neko

Posted by movinow