ひじきの炊き込みご飯、きんぴらごぼう、蒸した里芋、塩鯖

1,221ビュー

料理

今日が仕事納めだった。いつもより早く帰れたこともあり、晩飯は品数が多かった。

本日のカーボローディング的標語「炊き込みご飯でメシをモリモリ」

炊き込みご飯:米3合、戻したひじき、油揚げ細切り、ニンジン一口大の拍子切り、醤油大さじ2、みりん大さじ2、本だし小さじ1、塩少々。調味料を含めて水加減をして、具を入れて炊飯する。

里芋はたわしで泥を落とした後、圧力鍋で5分間蒸す。自然冷却で圧が下がるまで待つのだが、圧力鍋の中の水分が少ないので、ピンはすぐにおりる。熱々の里芋を我慢して指で押すと、皮がきれいにむける、というよりは脱げる。これがとてもいい感じだ。ヌルヌルした里芋を包丁でむくよりも、ずっと簡単で、捨てるところも少ない。

湯気を立てる白い里芋が、あまりに美味そうだったので、塩を振って味見をしてみたが、唸ってしまった。里芋のねっとりした食感が好きで、味噌汁などに入れて食べてきた。こんなに美味い里芋は初めてだ。

ひじきが多かったので、きんぴらごぼうにも入れてみた。調味料は、醤油大さじ1、日本酒大さじ1、みりん大さじ1、唐辛子1本。鍋をあおりながら炒め、調味料の汁気がなくなったら、最後に白ごまを入れて完成。

 

 

炊き込みご飯は、おこげもできて幸せだった。

里芋は、冷めたらあの感動が薄れて、ちょっと残念だった。

塩鯖は、今日のところは脇役であった。

カーボローディングとは別次元で単純に食い過ぎた感はあるね。

 

 

1,221ビュー

gohan

Posted by movinow