バジルチキン

バジルチキンはじめました

初夏になると始まる定番メニューといえば、我が家では「冷やし中華」などではなく、断然バジルチキンです。

毎年ベンダのプランターで栽培しているバジルをふんだんに使って作る、外れのない鉄板メニューです。

今年もこの季節がやってきました。

ベランダ・バジル

ぐんぐん伸びてきたバジルは、より大きく育てるために剪定と間引きが必要です。その収穫した葉を使って今年初のバジルチキンを作りましょう。

材料

バジル、鶏胸肉、ニンニク、唐辛子、卵、オイスターソース、ナンプラー、砂糖、水、サラダ油

バジル、鶏胸肉、ニンニク、唐辛子、卵、オイスターソース、ナンプラー鶏胸肉はサイコロ状に切る

バジルは葉を摘み取り、鶏胸肉 200g はサイコロ状に切り分けます。

ニンニク3カケは包丁で潰してから粗めのみじん切りに、唐辛子2本はキッチンバサミでタネと一緒に輪切りにしておきます。

卵を揚げ焼きにするサラダ油でニンニクと唐辛子を炒める

まず、多めのサラダ油で卵を揚げ焼きにします。油を回しかけながら、黄身が固まりきらないタイミングで取り出しておきます。

改めて鍋にサラダ油を熱して、唐辛子とニンニクを炒めます。

鶏肉を加える鶏肉の色が変わるまで炒める

鶏肉を加え、色が変わるまで炒めます。

オイスターソース、ナンプラー、砂糖、水を加えるバジルを加えたら火を止める

オイスターソース大さじ1、ナンプラー大さじ1、砂糖小さじ1、水大さじ2を加えて1分ほど煮詰めます。

最後にバジルを加え、すぐ火を止めます。

鍋一杯のこんもりバジルにビビる必要はありません。全体を混ぜ合わせるとバジルのかさは一気に減ります。

バジルチキンできあがり

お皿のライスにバジルチキンをかけ、卵焼きをのせてできあがりです。

バジルチキン
バジルチキン

バジルチキン2

オイスターソースとナンプラーで濃いめに味付けたチキンを、唐辛子の辛みとバジルのフレッシュな香りが引き締めるという、ご飯がモリモリ進むやつです。

ちなみに海外のサイトを見ていて知ったのですが、本場タイ料理のバジルチキンで使用されるバジルは、今日使ったスウィートバジルとはちょっと違ったホーリーバジルという種類のようです。

上記のサイトに掲載されているホーリーバジルの写真を見ると、葉の形もだいぶ違うようです。

「スウィートバジルには、ホーリーバジルの持つ鮮やかな胡椒の風味(vibrant peppery flavor)がない」という記述があります。

ただ、ホーリーバジルが見つからない時は、スウィートバジルでも peppery flavor はないけどおいしいでしょう、とも書かれています。

私は今のバジルチキンに何の不満もありませんが、どうやらタネであれば日本でもホーリーバジルが手に入るようなので、来年は少し育ててみるのもアリかなと考えています。

上記サイトの調理動画もおすすめです。

作った料理を試食したときの表情がたまりませんね。とてもおいしそーです😋

 

Summary
recipe image
Recipe Name
バジルチキン
Author Name
Published On
Preparation Time
Cook Time
Total Time

関連コンテンツ

1,514ビュー

ご飯・丼, gohan

Posted by movinow