青唐辛子とツナとレタスのチャーハン

ツナ缶とレタスのチャーハンに青唐辛子を入れてみました。

材料
ツナ缶1個70g
レタス1枚50g
青唐辛子1/2本
1個
長ねぎ10cm
ナンプラー小さじ1
胡椒少々
冷やご飯200g
サラダ油大さじ1
1人分
使う食材の写真
食材の下ごしらえをした写真
青唐辛子
小口切り
レタス
ざっくり切る
長ねぎ
みじん切り
溶きほぐす
冷やご飯
電子レンジで温めておく
フライパンにサラダ油を熱して溶き卵とご飯を入れた写真

フライパンにサラダ油を熱して溶き卵とご飯を入れます。木べらを使ってご飯のかたまりをほぐしながら炒めていきます。

青唐辛子を加えた写真

青唐辛子も加えます。1/2本を加えましたが、辛みはほとんど感じませんでしたので、もう少し多めに入れた方がいいようです。

ツナ缶を加えた写真

ご飯がほぐれたらツナ缶を加えます。

長ねぎを加えた写真

3分ほど炒め合わせたら味をみます。今回はナンプラーを小さじ1使いましたが、ツナの旨味が強く出ているので、そのままでも問題ないでしょう。お好みに合わせて下さい。そして長ねぎも加えます。

火を消してレタスを加えた写真

胡椒を挽き、全体を軽く炒め合わせたら火を消してから、レタスを加えてひと混ぜします。お皿に盛り付けてできあがりです。

青唐辛子とツナとレタスのチャーハン
青唐辛子とツナとレタスのチャーハン
チャーハンをレンゲですくった写真

レタスは生に近くても食感がとてもやわらかいので、チャーハンの具材のひとつとして違和感がありませんね。ツナ缶の旨味を、みずみずしいレタスがちょうど良く和らげています。

 🎁 おまけ 🎁 

映画『猫と、とうさん(Cat Daddies)』

こんな映画が公開されるようです。

男性だって猫が大好き!猫と幸せに生きる9人の男たち/映画『猫と、とうさん』予告編

俳優兼インフルエンサーのネイサン、ベイエリアの技術者のジェフ、NYの路上で暮らすデヴィッド、消防士のジョーダン…。一見何のつながりもない彼らに共通するのは、共に暮らす猫への愛だった。誰にとっても未曽有の試練となった2020年を、愛猫とともに乗り越える9人の男たちを描いた、全米ヒットドキュメンタリー『猫と、とうさん』が到着!

『猫と、とうさん』は2023年7月28日公開

「誰にとっても未曾有の試練」とはコロナのパンデミックのことですね。

👇こちらは監督、製作のマイ・ホン(Mye Hang)へのインタビュー動画です。

このインタビューをみて少し驚いたのは、アメリカには、猫好きは「男らしくない」という先入観が存在するらしいということです。

アメリカでは、猫を飼う男性に対する一部のステレオタイプや先入観が存在します。特に、猫は「女性的」なペットと見なされ、犬は「男性的」なペットと見なされる傾向があります。これは、犬が活動的で遊び好き、忠誠心が強いという特性を持ち、一方で猫は独立心が強く、内向的であるという一般的な観察に基づいています。

しかし、これらのステレオタイプは徐々に変化しています。多くの男性が公に猫を愛し、猫を飼うことを楽しんでいることを認めています。また、ペットとして猫を飼うことが男性の感情的な側面を表現する一つの方法であるという認識も広がっています。この変化は、男性が感情を表現し、脆弱性を認めることが「男らしさ」に含まれるべきであるという現代の理解に一部を負っています。

したがって、猫を飼うことが「男性らしくない」というステレオタイプは存在しますが、これは変化し、進化している観念です。

Written with ChatGPT

へえー。

ここで私が思い付いたのは「男の料理」という言葉です。ChatGPTに訊いてみました。

私:日本には「男の料理」という言葉が存在します。かつて料理は女性がするものという先入観から「男がする料理は珍しい、特別だ」ということで、こんな言葉・カテゴリーができたのでしょう。例えばアメリカには、同様な表現はあるのかな?

アメリカでは、「男の料理」に相当する直訳の表現は一般的ではありません。しかし、男性が料理をすることに対する一部のステレオタイプや期待は存在します。たとえば、男性はバーベキューやグリル料理を得意とする、または男性が料理するときは「ガストロノミー」(高級料理)や「フードクラフト」(手作りのビールやチーズなど)に挑戦する、といったイメージがあります。

また、男性が料理をすることを強調するために、「マンキッチン」(Man Kitchen)や「マンメール」(Man Meal)といった表現が使われることもあります。これらは、男性が料理を作ること、特に大量の肉やスパイスを使った「男らしい」料理を作ることを強調するための俗語的な表現です。

しかし、これらの表現やステレオタイプも、料理が男性と女性のどちらにも共通のスキルであるという現代の理解により、変化しています。男性が日常的に料理を作り、家庭の食事を準備することは、現代のアメリカ社会では一般的になっています。

Written with ChatGPT

Man Kitchen や Man Meal という言葉の意味するところに、ド昭和の時代錯誤「男の料理」と通ずるところがあって、笑えるというか、感慨深いですね🤷‍♂️

話は脱線しましたが、『猫と、とうさん』は7月28日から公開されるようです。ぜひ観に行きたいと思います。

概要
recipe image
レシピ名
青唐辛子とツナとレタスのチャーハン
投稿者
投稿日
準備時間
調理時間
トータル時間

最近の投稿です

Thumbnail of new posts 029

: パスタ

イタリアンパセリのとうのパスタ再び

春を迎えて鉢植えのイタリアンパセリのとう(花芽)がドーンと伸びてきたので、摘み取 ...
Thumbnail of new posts 088

:

鶏もも肉のスパイス炒め

鶏もも肉をタクコ(カレーの基本スパイス=ターメリック、クミン、コリアンダー)とカ ...
Thumbnail of new posts 046

: 外出

散り際の桜

時期としては少し遅くなりましたが、お墓参りに行ってきました。 ちょうど桜の散り際 ...
Thumbnail of new posts 119

: パスタ

イタリアンパセリのとうのパスタ

去年の初夏に種まきした鉢植えのイタリアンパセリが、数日だけ目を離した隙に、一気に ...
Thumbnail of new posts 120

: 外出

2024 Spring has come

今年も咲き誇る土手沿いの桜です。この日、この季節としては、気温も人出もマックスで ...

このブログへのアクセスについて

  • 63今日の閲覧数:
  • 38今日の訪問者数:
  • 249昨日の閲覧数:
  • 190昨日の訪問者数:
  • 8492今月の閲覧数:
  • 1現在オンライン中の人数:

375ビュー

ご飯・丼gohan

Posted by movinow