【ANCHOR RL8】沖縄一周その3(名護→那覇)102km

663ビュー

Bicycle

20140304

 

沖縄三日目、今日も朝から本降りの雨だ。二晩お世話になった名護のホテルを出発したのが9時過ぎ。今日は昨日より距離が短いこともあり、この時間となってしまった。

那覇から名護へ来たときは西側の道路を走ったが、帰りは反対の東側の道を行く。沖縄一周なのだから。

今日の初っぱなは名護から本島の東側へ抜ける峠道の攻略だ。目が開けづらいほどの雨の中をじっくりとペダルを回して上っていく。幸いなことに道路の左側には広めの歩道が整備されていた。昨日までの脚の疲れもあり、背中のバックも重いので積極的に歩道を利用していく。

雨の峠越え眼下には亜熱帯の森

眼下を見下ろせば亜熱帯の森が雨に濡れている。

今日は一日中、雨が降ったり止んだりを繰り返した。後輪が盛大に跳ね上げた泥水が、背負ったバックとヘルメットまで泥の跡を残した。

沖縄は今日も雨

道すがら、いくつかの米軍基地のそばを通過した。カーキ色でヘビーデューティーの極致のような装甲車?のような車両が普通の自動車に混じって走っていく。スウェットを着たクルーカットの兵士がひとり黙々とランニングをしている。沖縄ならではの光景だろう。

途中の浜辺で昼食をとる。メニューはコンビニで買ったスパムのおにぎりだ。5年ほど前にランドナーで沖縄をキャンプツーリングしたときに初めて食べて、とても美味しかった思い出がある。

ポーク玉子2種塩分控えめのスパム

ポーク玉子2種、一つは高菜入りの変わりダネだ。スパムの塩分がおにぎりと良く合うのだ。スパムとご飯の組み合わせは自分でも試してみたいメニューだな。

人気のない浜辺に向かって座って昼飯そのうちまた雨が降ってきた

 

人気のない海に向かって座り、おにぎりを頬張るも、そのうちに雨がまた降り出した。かいた汗が冷えて震えが出るほど寒くなってきたので、そそくさと切り上げて出発する。

できるだけ東海岸をトレースするように走って行く。時に強い雨の中を、時に雲の向こうからの薄日の中を。

那覇まで 19km という道路標識を見たところで、前方から若い自転車乗りの集団が通りかかった。大学生くらいかな。親近のまなざしを送ってすれ違おうとしたとき、それは起きた。

『シュー』という異音が突如発生。ブレーキをかけた覚えはないのに、雨に濡れたブレーキシューとリムが擦れるような音が響く。

もうわかっているよ。三日連続で遭遇すれば、何が起きたかはすぐにわかる。

三日連続のパンクだ!

一昨日、昨日は前輪だったが、今日は後輪がやられていた。穴は小さいようで、すぐにはタイヤはしぼまないようだ。周りは思いっきり市街地なので、パンク修理を行う適当な場所が見つからない。だましだまし乗りながら自転車を分解していても迷惑がかかりそうにもない場所を探す。

やがてタイヤの空気も抜けたので押して歩く。大きなショッピングセンターがあった。たぶん自転車売り場があるだろう。タイヤの空気を入れるボンベの手持ちがもうないのだ。手動の空気入れは持ってきているが、ボンベを使う前提で、チューぶをタイヤに馴染ませるためにあらかじめ少量の空気を入れる目的として簡易的な小さなヤツしかない。あれではとても適正圧まで上げられまい。自転車売り場で、もう少しまともな空気入れを買おうと思った。

自転車置き場にロードレーサーをつなぎ、ヘルメットをぶら下げてお客がたくさんいるショッピングセンターに入る。中央に案内所があったので女性に聞いてみた。

「ここに自転車売り場はありませんか。実は乗ってきた自転車がパンクしてしまって」

女性の答えは、なんと「無い」であった。こんな大きなショッピングセンターなのに。沖縄のヒトは、普段は自転車に乗らないのだろうか。

率直にそう話すと、女性は、自分の子供が自転車のパンクを修理してもらう自転車屋が、表の国道を挟んだ向かい側にあるとのこと。小さいお店なのでわかりづらいけど。

ここはお金を払ってプロにお任せするのが正解だな。ということで再び自転車を押して道路を渡る。

あったお店は、本当に小さく、ローカル色満点であった。

自転車屋というよりバイク屋かな?パンク修理700円、助かりましたー

バイクを販売しつつ、この町のバイクやら自転車やら何でも修理してしまうお店のようだ。

おじさんの手際の良い作業は10分あまりで完了。お値段は 700円。ほんとに助かりました。

予定では本島南部をぐるっと回って那覇に入るつもりだったが、クルマとヒトが多くなって都会を走っている風情と変わらなくなってきたこと、そしてパンクのタイムロスも考慮して、このまま那覇のホテルに向かうことにする。

ホテルに着いたのは16時過ぎ。シャワーを浴び、ウエアーを洗濯して一息ついて晩飯を考える。窓の外を見るとまた雨が降り出したようだ。ホテルから見える近所に大きめのスーパーがあった。今日は地元のスーパーでお買い物とする。

海ぶどう、グルクンの唐揚げ、サーターアンダギー、豚の面の皮のなんやら、沖縄らしい食材が並ぶ。

晩飯として「魚屋鮨」と「おにドラチキン弁当」「ジーマミー豆腐」を買う。

地元スーパーで買い求めた沖縄ご飯ジューシーのおにぎり、大きなチキン

ジューシーという沖縄の混ぜご飯のおにぎりが二つに、大きなフライドチキン、新鮮なお寿司と合わせて満足だ。ジーマミー豆腐には甘いタレが付いていた。食べ慣れた豆腐とは違った風味がある。後から調べてわかったのだが、原料が大豆ではなく落花生ということだった。

明日は沖縄最終日である。お昼に那覇空港に着けばOKというスケジュールで、このホテルから空港は近い。朝はゆっくりできそうだ。雨でなければ、自転車でどこかに立ち寄るという手もある。さあ、どうしようか。

 

663ビュー

anchor

Posted by movinow