名状しがたきパスタ:完成!

春菊のジェノベーゼ【今夜ならではのアレ的配色で terrible】

このブログを始めて、自炊する料理のレバートリーは確実に増えている。

これまでは、一定の期間をおいて、お気に入りのメニューを繰り返し作っていれば、それで満足であった。日常として回っているサイクルをブラッシュアップすることはあれど、あたらな要素を積極的に取り込むことはほとんどなかった。

それがこの頃では、新たなメニューにトライする機会が増えた。それは間違いなく良いことなのだろうけれど、試行には錯誤がつきものだというのは避けることのできない事実なのであった。

今日の試行あるいはネタ:『今夜ならではのアレ的配色に挑戦』

春菊の『緑』とトマトの『赤』でいこうと思った春菊の葉っぱ、松の実、にんにく、パルミジャーノレッジャーノ

『赤」はトマトとパプリカで、『緑』は春菊で表現してみようと考えてみた。サラダではなく、パスタの話である。

春菊は茎の部分を取り除いて使用、細かく切る。にんにく1片はスライス。松の実 30g。

ミルサーの容器に春菊他の材料を詰めるミルサー始動前

春菊のジェノバソースを作るのに、棚の奥からミルサーを引っ張り出した。もとは自家製梅干しの赤紫蘇から、ゆかりを作るために購入した調理器具である。以前はドレッシングを作るのにも使っていたのだが、この頃は出番がなかった。

細かく切った春菊の葉、松の実、にんにくスライス、チーズ、オリーブオイル大さじ2、塩、胡椒を容器いっぱいまで詰める。刃の付いたフタをしてミルサー本体に装着。スイッチオン!

しかし、ミルサーの刃は 1cmくらいしか飛び出していない。容器いっぱいに葉っぱが詰まっているような状態だと、内容物が刃に当たることはなく、まるで思ったように機能しない。しかし方策はある。ミルサーのモーターを回したまま、両手でホールドして、上下に激しくシェイク!シェイク!

ミルサー始動後春菊ジェノバソース

できたソースをボールに移して、味見をして塩、胡椒を追加する。この時点で気づいてしかるべきだったのだ。このソースの力強さを。

パスタと和える、ソースの量が…『赤』は焼く、それだけ

「ソースが多めなのはいいことだと思っていた、少なすぎるよりかはね。80gのパスタより、200gのパスタの方が美味いもんだと信じていた。でもさ、冷静になって考えたら、食べなくちゃならないのが 300gのパスタだとしたら、まず間違いなく美味くないだろうね。俺もまだ青かったんだね。このジェノバソース以上にね。ふっ」

『赤』は電気コンロで焼くだけである。最後にチーズをのせる。

で盛り付けて完成!「名状しがたきパスタ(見た目も味も)」

名状しがたきパスタ:完成!ソースは 1/4で良かったと思った

あまりにも春菊ジェノバソースが強すぎた、というよりはソースの量が多すぎた。この1/4くらいがが適正だったのではないか。焼きトマトともミスマッチ。

terrible度合でいったら、いつかの「鳥のそぼろ丼」に匹敵するか、あるいは凌駕しているというおそろしさ。そういえば、あのときも「味が濃すぎる(塩気)」というミスだった。

調理過程の味見の重要性を再確認できて良かった!としておこう。

 

最近の投稿です

Thumbnail of new posts 193

: 野菜

牡蠣と菜の花の鍋

ここ数日、冬に逆戻りしたかのような寒い日が続きましたので、今回はお鍋をつくります ...
Thumbnail of new posts 079

: ご飯・丼

菜の花の鶏そぼろ丼・柚子胡椒風味

季節の菜の花を彩りに使った鶏そぼろ丼です。鶏そぼろは砂糖やみりんを加えて甘辛にす ...
Thumbnail of new posts 130

: 麺類

もつ煮リメイク・もつと舞茸の味噌煮込みうどん

先日、圧力鍋いっぱいにいつくった豚もつの煮込みが少しだけあまったので、最後にうど ...
Thumbnail of new posts 122

:

いつもの、豚もつ煮

厳しい寒さが和らぎ、暖かく感じる日も多くなってきました。春は着実に近づいているよ ...
Thumbnail of new posts 111

: パスタ

菜の花とベーコンのパスタ

冬から春への季節の移り変わりを先取りするように出回り始めるのが菜の花です。この時 ...

このブログへのアクセスについて

  • 59今日の閲覧数:
  • 40今日の訪問者数:
  • 576昨日の閲覧数:
  • 491昨日の訪問者数:
  • 14869今月の閲覧数:
  • 2現在オンライン中の人数:

2,658ビュー

料理gohan

Posted by movinow