シャトルシェフでつくるコーラで煮豚

シャトルシェフでつくるコーラで煮豚

コーラでお肉を煮るというレシピがあります。

今回はシャトルシェフの保温調理で試してみます。

材料

豚ももブロック、コーラ、生姜、長ねぎの葉、醤油、片栗粉、ほうれん草

豚ももブロック、コーラ、生姜、長ねぎの葉、醤油

豚肉、生姜、長ねぎをジップロックに入れる

生姜
薄切り
長ねぎ
ぶつ切り

少ない煮汁で対応するためにジップロックを使います。

コーラと醤油を入れてできるだけ空気を抜く

ジップロックに豚肉、生姜、長ねぎ、コーラ 350ml、醤油大さじ3を入れたら、できるだけ空気を抜いてからジッパーを閉めます。

シャトルシェフの調理鍋に水をはり、ジップロックを沈めて火をつける

シャトルシェフの調理鍋に水をはり、ジップロックを沈めて火をつけます。

ここで、今回の目論見にはいくつかのほころびがあることが判明しました😥

  • ジップロックの耐熱温度は 100℃であった

保温調理の前に5分ほど加熱するのですが、沸騰手前で火加減する必要があります。

  • 加熱にともなってコーラの炭酸がどんどん抜ける

最初に丁寧に空気を抜いても、ジップロックにたまった炭酸ガスを出して改めてジッパーを閉め直す必要があります。トホホ。

保温容器に入れる

気を取り直して、5分加熱した調理鍋を保温容器に入れてふたをします。そのまま2時間おきました。

保温調理2時間後

2時間放置しても中の温度は77℃もあります。さすがシャトルシェフです。

保温調理した豚肉

豚肉を取り出し、

豚肉をスライスする

スライスします。

加熱は十分ですが、味見をしたところ、パサつき気味で味も薄かったので、煮汁に戻して少し加熱することにしました。

煮豚を戻して少し加熱する

軽く煮てから、茹でたほうれん草と一緒にお皿に盛り付け、水溶き片栗粉でとろみをつつけた煮汁をかけてできあがりです。

シャトルシェフでつくるコーラで煮豚
シャトルシェフでつくるコーラで煮豚

シャトルシェフでつくるコーラで煮豚1

シャトルシェフでつくるコーラで煮豚2

やはり煮豚はパサつき気味で、少し固く仕上がってしまいました。

炊飯器でつくる鶏胸肉のサラダチキンのように、煮汁に漬けたまま冷ましておけば、もっとしっとりとした仕上がりになっていたのかもしれません。

使うお肉も、脂の多い豚バラブロックの方が向いていると感じました。

日を改めて再挑戦してみたいと思います。

Summary
recipe image
Recipe Name
シャトルシェフでつくるコーラで煮豚
Author Name
Published On
Preparation Time
Cook Time
Total Time

Multiplex 広告

382ビュー

gohan

Posted by movinow