火鍋【無印良品】レトルトをつくってみた

771ビュー

, 麺類

無印良品の通販サイトは、定期的に猫草をまとめ買いするのに利用しています。

今回、久しぶりにサイトを眺めていると、何やら美味しそうなレトルト関連があったので、一緒にいくつか取り寄せてみました。

その中から今日は『火鍋』をつくります。

四川の火鍋をお手本に、唐辛子や花椒(ホワジャオ)、八角など8種類の香辛料をきかせて仕上げました。●香辛料が入っており強い辛みが特徴の製品です。小さなお子様、辛いものが苦手な方はお控えください。

とのことです。

材料は、レトルトパック裏面の記載にできるだけ沿ってみました(2~3人前です)

材料

豚バラ肉150g、チンゲン菜1株、白ネギ2/3本、ジャガイモ1/2個、木綿豆腐1/2丁、えのき100g、乾燥きくらげひとつまみ、水

豚バラ肉と豆腐は食べやすい大きさに切り分け、長ねぎはななめ切りに、ジャガイモは皮をむいて火が通りやすいように小さめに切ります。乾燥きくらげはお湯に5分ほどつけて戻しておきます。

土鍋にレトルトの中味をあけます。真っ赤な色と香辛料の香りが辛さを予感させます。ここに水400mlを加え、混ぜてから火をつけます。

ジャガイモと長ねぎ、きくらげを加えます。

沸騰したら弱火に落とします。

チンゲン菜とえのきを加えます。

豆腐と豚肉を加え、火が通ったら完成です。スープがレトルトで、煮込み料理でもないので、あっという間にできてしまいます。

火鍋【無印良品】

「火鍋」とは良くいったものです。見た目が、そのものです。

確かに辛いですが、激辛カップラーメンほどではなく、どんどん箸が進む美味しさです。そして複雑な香りと、麻婆豆腐のような「しびれ」があります。

しばらく夢中で食べ進めていると、頭全体からの発汗がすごいことになりました。したたる汗が眼に入るほどなので、片手にタオルは必須ですね。

調味料や香辛料を集めて自力でこのスープを再現するのはまず無理であろうことから、レトルトの「鍋の素」はなかなか良い選択だと感じました。

そして翌日、

残りに中華麺を入れれば『火鍋麺』の完成です。

火鍋麺

 

Summary
Recipe Name
火鍋
Author Name
Published On
Preparation Time
Cook Time
Total Time

関連コンテンツ

771ビュー

gohan

Posted by movinow