ゴーヤと茄子とぶなしめじの炒め物

ゴーヤと茄子と舞茸の炒め物

去年はベランダのゴーヤに食べきれないほどの実が成り、たくさん食べて夏を過ごした。

今年は種まき、植え付けが遅かったことから、真夏の暑さがきわまる7月終わりから8月の初めになっても、ゴーヤの実は大きくなっていなかった。この分では、この夏の間に食べられるゴーヤの総量もだいぶ少なくなるようだ。

今日はベランダの「遅れて来た」ゴーヤを一つ収穫した。

一緒に炒め合わせたのは、茄子とぶなしめじ、卵、そしてスパムだ。

このランチョンミートを生まれて始めた食べたときには、その塩気の多さに驚いたものだ。絶対に塩の量を間違えたとしか思えない塩辛さだった。

今日、買ってきたのは「20% 減塩」をうたった缶詰だったが、それでも塩がきつかった。

材料

ゴーヤ、スパム、茄子、ぶなしめじ、卵、醤油、オイスターソース

ゴーヤは種とワタをスプーンで取り除いてから薄切りに、スパム、茄子、ぶなしめじは一口大に切る。

多めの油でスパム、そして茄子を炒める。

ゴーヤを炒め、ぶなしめじも炒めたら、醤油小さじ1、オイスターソース小さじ1で味付けをする。溶き卵1個を流し入れたら軽く混ぜ合わせて出来上がり。

ゴーヤと茄子とぶなしめじの炒め物
ゴーヤと茄子とぶなしめじの炒め物

ゴーヤの苦みと、スパムの強めの塩気に箸が止まらない。

これはまた、ご飯の進み方が甚だしいメニューだった。

おかわりして2合ちかくご飯を食べて、やっと皿がきれいになった。満足である。

 

関連コンテンツ

1,570ビュー

野菜gohan

Posted by movinow