焼きめざし、大豆とごぼうの玄米ご飯、水菜の納豆あえ、キュウリと玉ねぎの酢の物

822ビュー

野菜, 魚介

めざし焼いた。

大豆とごぼうを入れて玄米炊いた。

水菜を刻んで納豆であえた。

キュウリと玉ねぎで酢の物作った。

ぬか漬けを刻んだ。

そんな夕食を作った。

材料

めざし、ごぼう、大豆、キュウリ、玉ねぎ、小女子、水菜、ぬか漬け、酢、薄口醤油

めざしは電気グリルで焼いた。本日はガスレンジの使用はなし。

水菜、納豆、小女子をあわせる

キュウリと玉ねぎはスライスして水にさらし、水気をしぼってから酢と薄口醤油であえる。

刻んだ水菜、タレを加えた納豆、小女子と一緒にあわせてグルグルかき混ぜる。

ごぼうは小口に刻んで水にさらす。

圧力鍋に玄米4合、茹で大豆、ごぼう、ダシ昆布、塩小さじ 1、玄米の1.5倍の水を入れてふたをする。

強火で加熱し、ピンが上まで上がったら再弱火に落として20分。

火を消してピンが下がったら炊き上がり。

焼きめざし、大豆とごぼうの玄米ご飯、水菜の納豆あえ、キュウリと玉ねぎの酢の物
焼きめざし、大豆とごぼうの玄米ご飯、水菜の納豆あえ、キュウリと玉ねぎの酢の物
焼きめざし
焼きめざし

もちろん丸ごといただく。

しなびた小魚なれど滋味に富む。強めの塩気とほろ苦さがたまらん。

水菜の納豆あえ
水菜の納豆あえ

初めて作ったが、これはおいしい ★★★★☆

水菜は小さめに刻んだほうが食べやすい。

キュウリと玉ねぎの酢の物
キュウリと玉ねぎの酢の物

玉ねぎの辛味と酢があうことで、互いの角がとれて丸くなった。

ニンジン、キャベツ、ミョウガのぬか漬け
ニンジン、キャベツ、ミョウガのぬか漬け

よく漬かったニンジンがうまい。

ミョウガはえぐみが感じられた。刻んで塩でもめば問題ないのだけれど、漬かり方が浅かったのかな。

大豆とごぼう入り玄米ご飯
大豆とごぼうの玄米ご飯

ごく少量の塩と昆布の味付けだけれど、おかずがなくても、これだけで十分おいしく食べられる。

面倒なイメージのある玄米の炊飯も、圧力鍋を使えば途中で火加減の調整(強火⇒最弱火)が1回だけ。あとは放置プレーなので、炊飯器で白米を炊くのと比べて手間がかかることもない。玄米に菜食寄りの食事では「豆」の比重も高まることだし、これまで以上に大活躍の圧力鍋なのであった。

ちなみに4合炊いた玄米は、夕食が2回分、あとはタッパーウェア3つに分けて会社へ昼ごはんとして持って行っている。おかずとして小女子と、自家製の梅漬け(梅干の干していないやつ5年もの^^;)をのせるくらい。

通勤ランで毎日 16kmほど走っているが、このような食事にしても特別な空腹や、エネルギー切れを感じることはない(それまでは昼食はコンビニ弁当とかカップラーメンだった)。むしろ例年に比べて身体が軽く、脚の疲れや痛みも明らかに軽減されている。寒い時期の最盛期に比べたら体重が 5kgくらい減ったわけで、それが快調の理由なのだろう。

その気になれば、摂る食事の内容や栄養について自らの裁量でどこまでもコントロールできるのが自炊の利点である。

 

822ビュー

gohan

Posted by movinow