ハゼの蒲焼き丼
ハゼの蒲焼き丼

多摩川でハゼを釣って蒲焼き丼にしていただく

今回ハゼ釣りに向かったのは、多摩川河口部、神奈川県側の護岸です。

この日は満潮が朝早くと夕方にあたり、潮が引くと釣りにならない場所なので、夜明けと同時に家を出ました。

途中でアオイソメを買い求めて釣具屋に寄ったので、釣り場に着いたのが7時過ぎになってしまいました。すでに下げ潮です。

よく晴れて、気温も低めで、外にいるのが気持ちよい朝です。

とりあえず投げ竿一本をぶっ込んで、短竿で足元にアオイソメを落とすと、すぐにアタリがあります。魚の活性は高いようです。

チチブ混じりでハゼが鈎がかりします。

しかしこの日は大潮で、潮の引くスピードが想像以上に速かったです。

アタリが遠のいたなぁと思ったら、水位がだいぶ下がっていました。

2時間ほどで潮が引いて終了です。

潮が引いた多摩川河口部1

潮が引いた多摩川河口部2

潮が引いた多摩川河口部3

この日の釣果はハゼが10匹、ちびハゼ数匹(リリース)、チチブ数匹(リリース)でした。

この日の釣果はハゼが10匹

ハゼの量が少ないのですが、蒲焼き丼にしてみます。

材料

ハゼ、細ねぎ、醤油、みりん、酒、砂糖、ご飯、刻み海苔、粉山椒、小麦粉、サラダ油

ハゼは背開きにするハゼに小麦粉をまぶす

ハゼ
頭を落とし、内臓を取り出したら、包丁とキッチンバサミを駆使して背開きにし、小麦粉をまぶす
細ねぎ
小口切り
タレ
醤油大さじ2、みりん大さじ2、酒大さじ1、砂糖大さじ1を合わせる

サラダ油でハゼを炒めるハゼは両面を焼く

フライパンに少量のサラダ油をひいて、ハゼを両面炒めます。

タレを加えるタレを煮詰める

タレを加えて煮詰めていきます。

タレにとろみがついたら丼御飯にのせる

タレにとろみが付いたら火を止めます。丼ご飯に刻み海苔を散らせて、ハゼをのせ、タレをかけます。細ねぎと粉山椒をお好みでかけてできあがりです。

ハゼの蒲焼き丼
ハゼの蒲焼き丼

ハゼの蒲焼き丼1

甘辛く味付けされた、やわらかいハゼは美味しいですね。

ただハゼが小さいこともあり、ハゼ特有の旨味が、タレの味に隠れてしまったのが残念です。

小さいハゼは、天丼の方がよりハゼの旨味を感じられました。

 

さて、蒲焼きといってまず思い浮かぶのは、何といっても例の「アレ」ですね。

次回は、今回使い残したアオイソメを使って、多摩川の「大本命」に挑みます。

 

Summary
recipe image
Recipe Name
ハゼの蒲焼き丼
Author Name
Published On
Preparation Time
Cook Time
Total Time

Multiplex 広告

655ビュー

釣行, 魚介fishing, gohan

Posted by movinow