バジルを散らせて完成

ミートボール入りパスタ

昨日に引き続き、残り物でせめる。イワシの丸干しとトマト缶で作ったパスタソースの残りが冷蔵庫にあった。

そのまま温め直すだけでは芸がないので、肉団子を追加してみた。

豚挽肉、タマネギ、バジル、パルミジャーノレッジャーノ、レタスタマネギみじん切りを入れて混ぜる、塩、胡椒、ナツメグ

季節外れのバジルが売っていたので買ってしまった。この時期では需要もないのだろう、半分しおれた葉であったが香りは、それほど変わらず。タマネギ小の半分をみじん切りしたのち、電子レンジで1分加熱する。豚挽肉120gと混ぜて、練る。味付けは、塩、胡椒、そしてナツメグ。

小さく丸めたら7つできたオリーブオイルを引いたフライパンで焼く

小さいミートボールが7つできた。表面に薄く小麦をまぶして、オリーブオイルをひいたフライパンで焼く。

温め直したトマトソースで煮るバジルを散らせて完成

温め直したイワシ入りのトマトソースで煮る。水分が少なかったので若干の水を追加。茹でたパスタを合わせて、バジルの葉を散らせば完成である。サニーレタスのサラダと一緒に。

トマトソースにバジルの取り合わせ、久しぶりだバジルに負けぬよう、おろしたてのチーズも大胆に

おろしたてのパルミジャーノレッジャーノも大胆にかける。

トマトソースにチーズ、あるいはバジル、非の打ち所なしミートボールはイマイチであった

今日のミートボールは、それなりに手間をかけたのだが、出来はいまいちであった。たぶんこのレシピとしては、ソースで煮込むのが正解なのだろう。トマトソースが染み渡ったミートボールが美味しいのだと想像する。しかし、今回は残り物のソースを使ったので、煮込む時間がまるで短かった。表面にソースはからんだが、ミートボールの中身は味気ないものだった。次回の課題としよう。

トマトソースにバジル、あるいはパルミジャーノレッジャーノ、非の打ち所のない組み合わせは、暑い時期によく食べた味だ。真夏の最盛期を迎えてベランダのプランターで繁茂するバジルを消費するために、汗をかきながらトマトソースのパスタを週に2回は作った。来年の春は、また植えようと思う。100円の苗ポットがふたつあれば、一夏はバジルに困らない。あと同じ仲間だと思うけど、シソも必要だな。

 

最近の投稿です

Thumbnail of new posts 076

:

ランチョンミートのガパオライス

ランチョンミートを使ったガパオライスです。 材料 ランチョンミート1/2缶 10 ...
Thumbnail of new posts 132

:

ランチョンミートと卵とピーマンの炒めもの

相性抜群のランチョンミートと卵の炒めものに、ピーマンを加えました。 材料 ランチ ...
Thumbnail of new posts 041

: 野菜

シャトルシェフでつくる鶏手羽先と野菜のトマト煮

シャトルシェフの保温調理でつくる鶏手羽先と野菜のトマト煮です。 サーモス社の下記 ...
Thumbnail of new posts 104

: パスタ

ガパオのパスタ

ガパオライスのライスをパスタに置き換えたレシピです。 材料 豚コマ肉80g赤パプ ...
Thumbnail of new posts 134

: 麺類

具材は別皿で – ZUBAAAN!背脂濃厚醤油

最近発売される袋麺はとてもレベルが高くて、食べてみて、これがインスタントラーメン ...

このブログへのアクセスについて

  • 290今日の閲覧数:
  • 214今日の訪問者数:
  • 335昨日の閲覧数:
  • 236昨日の訪問者数:
  • 6097今月の閲覧数:
  • 1現在オンライン中の人数:

2,126ビュー

料理gohan

Posted by movinow