なめこ豚丼、ひと味違う「とろみでサッパリ・ヘルシー」

2,980ビュー

ご飯・丼

今日も遅くまで残業だった。

帰り道、0時までやっている「まいばすけっと」に寄って、豚バラ肉となめこを買ってきた。

昨日炊いたご飯はおひつに残っている。こういう日は丼しかない。

豚肉とタマネギを炒めて豚丼を作った。なめこは味噌汁にしようと考えていたのだが、作るのが面倒になった。ので、なめこも一緒に豚丼に入れてみた。

すると、いつもとはひと味違うヘルシーな豚丼が出来上がった。

材料

豚バラ肉、タマネギ、なめこ、ミニトマト、長ネギ、醤油、みりん、顆粒ダシ

中華鍋に薄く油をひいて豚バラ肉を炒める。

豚肉が炒められたら薄切りにしたタマネギを加える。

続いてなめこも加え、醤油大さじ1、みりん大さじ1、顆粒ダシ小さじ1/2、水大さじ1で味付けする。最後に胡椒をひいて丼飯へのせ、長ネギの小口切りを添えて出来上がり。

なめこ豚丼、ひと味違う「とろみでサッパリ」
なめこ豚丼、ひと味違う「とろみでサッパリ・ヘルシー」

なめこのとろみで調味料が良く絡んで、控えめの味付けでも十分だ。

丼のタレは砂糖でとろみを付けるのが常套だが、その手のコッテリさとはまったく違った、サッパリとしたとろみが特徴だ。豚バラ肉の脂も感じさせないヘルシーな後味が、深夜に食べる遅い晩飯にはありがたい。

加熱した砂糖のとろみ、片栗粉や小麦粉のとろみ、食材に味をからめる「とろみ」は料理の決め手のひとつだ。

なめこのとろみも、そんな役割を担うことができるのだな。夏ならオクラを入れたら彩りも良くなるだろうと思った。

 

関連コンテンツ

2,980ビュー

gohan

Posted by movinow