残り物がごちそうに、白菜のあんかけチャーハン

残り物をごちそうにする秘策、白菜のあんかけチャーハン

冷蔵庫にちょっとずつ残っていたものを具材にしてチャーハンを作った。

チャーハンの具材だからといって、すべてを刻んで一緒に炒める必要はない。

加熱すると水分が出る白菜などは、チャーハンの具材として炒めるのには向いていないだろう。

しかし、どんな残り物でもスープを加えて煮て、あんかけにしてしまえばいいのだ。

白菜、インゲン、ぶなしめじ、ベーコン、長ネギ、生姜、ウェイバー具材を刻む

材料

白菜、インゲン、ぶなしめじ、ベーコン、長ネギ、生姜、ウェイバー

ベーコンを炒めるインゲンとぶなしめじも炒める

フライパンに少量のごま油でベーコン、ぶなしめじ、インゲンを炒める。

白菜と水100ml、ウェイバーを加えるフタをして白菜がやわらかくなるまで煮る

白菜と水 100ml、ウェイバー小さじ 1/2 を加えてからフタをして、白菜がやわらかくなるまで煮る。

水溶き片栗粉を加えて、あんかけにする中華鍋でチャーハンを作る

胡椒を挽いて、水溶き片栗粉でとろみが付いたら、あんかけの出来上がり。

続いて中華鍋でチャーハンを作る。サラダ油を熱し、生姜の香りが出たら、卵、ご飯を入れる。

最後に長ネギを加えるチャーハンの出来上がり

塩と胡椒で控えめに味付けをして、最後に長ネギのみじん切りを混ぜたらチャーハンの完成。

大皿に盛って、あんかけをかけたら出来上がり。

残り物がごちそうに、白菜のあんかけチャーハン
残り物がごちそうに、白菜のあんかけチャーハン

チャーハンはいつもうまいなあ熱々あんかけ

あんかけとチャーハンの出会い残り物がごちそうに

スープチャーハンも絶品だが、これからの季節、熱々のあんかけがのったチャーハンも捨てがたい。

あんかけの具も、イカとかエビを選べば、もっとごちそうっぽくなるな。

 

関連コンテンツ

2,460ビュー

ご飯・丼gohan

Posted by movinow